田尾フォトサービス
          
フィルセーブ(長持ちCD書込みサービス)

Home>プリントサービス>各種サービス>フィルセーブ

フィルセーブ

フィルセーブ
デジタル保存の耐久性。
デジタルは色の劣化が起こることなく保存できるのが何よりの長所です。しかしデータが読めない状態になると 突然形も色も何もかもがわからない状態になってしまいます。デジタル保存にはいくつかの方法がありますが、いずれも完全なものは ありません。

ハードディスクは高速回転している部品ですから、故障したりパソコンの不具合、操作ミスにより消えてしまう可能性があります。

メモリーカードも抜き差しする物ですから破損や故障の可能性は十分あります。何よりコストがかかります。

一番多いと思われるCD-RやDVD-Rは光や湿度に弱く、数年たったCD-Rが読み込み出来なくなったと言う話を良く聞くようになってきました。 直射日光にさらされると、1日2日で読み込み不能になる事もあるようです。また品質の差が大きく、安物のメディアの場合はかなり早く 劣化するようです。
一番はプリントすること。そしてフィルセーブ。
ではどうすればよいか。一番はプリントしておく事です。形にしておけばいきなり無くなる事はありません。 でも徐々に変色していきます。やっぱりデータは残しておかないと焼き増し時に困ります。データが残っていれば撮影時そのまま の色が残っています。(これがデジタルのいい所)

そこでおすすめしたいのがフィルセーブでのCD−R保存です。一般のCD−Rや、フジカラーCD等よりはるかに耐久性のある CD−Rです。

見やすいビュアソフトも特徴。撮影日やカメラに機種、撮影データ等の細かい情報も簡単に見ることができます。縦位置で撮影した 画像も回転して縦に見やすく表示されます。(一部のカメラを除く)

中身が一目でわかるインデックスプリントと、光を通しにくい黒のトールケースに入れてお渡しします。



フィルセーブは写真整理もカンタン。
フィルセーブをパソコンにセットするとビュアソフト(画像を一覧で見るソフト)がインストールされます。 フィルセーブに保存した画像はリサイズ(画像データを小さくされたデータ)されてパソコンにも保存されます。リサイズされた 画像ですのでパソコン上ではすばやく画像が見ることができ、メールで送付するのもそのまま送ることができます。動画も保存可能 です。

フィルセーブは全容量が512MBまでであれば追記が5回まで可能ですので、無駄なく書込みできます。

画像には撮影日時等のデータはもちろん、付箋でメモを貼り付けることもできるので、後から「去年の5月に撮った写真」とか 「東京に行ったときの写真」といった検索ですぐ写真を探し出すことができます。

フィルセーブに保存することで、写真整理の煩雑さから開放され、思い出の写真をいつでも探し出せます。
詳しくはこちら
【フィルセーブについてメーカーのホームページ】は右をクリック
ビュアーソフト動作環境
OS Windows98/Me/2000/XPの日本語版
CPU ペンティアムV700MHz またはそれと同等の完全相換プロセッサー以上
メモリー 空きメモリ256MB以上
HDD 空き容量300MB以上
モニター 解像度800×600、16ビット以上を表示可能なカラーモニタ
ドライブ CD-ROMドライブ
サポートするファイルフォーマット
静止画 JPG,TIFF,BMP
動画 MOV,MQV.AVI.MPG.ASF.3GP.3G2.AMC.NOA.MP4
音声 WAV
※Apple Mac OSについて:Mac OS X でも閲覧することができます。
(ビュアーソフトはWindowsのみの対応です。)

フィルクリップ−DVD

・写真や動画がテレビで見れる。このDVD1枚に最大2GBまで保存可能。
・DVD−Videoフォーマット対応で、写真画像はもちろん、動画や音声、RAWデータも保存可能。
・パソコンでの画像整理に便利なクイックビューアも内蔵。
・耐久性は国内産市販DVDと同等レベル。追記はできません。

Home>プリントサービス>各種サービス>フィルセーブ

  Copyright (C) Tao PhotoSarvise All Rights Reserved.